カテゴリー別アーカイブ: 研究

ICCP 2017 (2017年6月-7月)

クルジュ=ナポカ(ルーマニア)で行われます The 9th International Congress of Cognitive Psychotherapy にて以下の研究発表を行います。

Overgeneral autobiographical memory in people with past depression:
Effects of cue self-relevance and cue valence.

(Noboru Matsumoto, Satoshi Mochizuki.)

感情心理学会第25回大会(2017年6月)

同志社大学で開催されます日本感情心理学会第25回大会で,以下の研究発表を行います。

ポジティブな自己一致具体的記憶の想起は気分改善に有効か?
―抑うつ症状による調整効果―.
(松本 昇・望月 聡.)

対処行動による良性・悪性妬みの変化.
(浅川 萌生・望月 聡.)

高反すう者における効果的なストループ干渉制御.
(西村 春輝・望月 聡.)

反すうの思考内容と気分状態の分類.
(大井 瞳・望月 聡.)

発達心理学会第28回大会(2017年3月)

広島国際会議場ほかで開催されます発達心理学会第28回大会で,以下の研究発表を行います。

情動性による感情制御方略の効果のちがい
―共感的感情反応に着目して―.
(則近千尋,望月聡#.)

則近さんは2015年度の卒研生で,この発表は卒業研究で行われた研究です
(現在は 東京大学大学院教育学研究科 に在籍されてます)。

45th EABCT(2016年8月-9月)

ストックホルム(スウェーデン)で行われます The 46th European Association of Behavioral and Cognitive Therapies Congress にて以下の研究発表を行います。
Examining the meta-cognitive model of rumination: A longitudinal study of a college student population.
(Noboru Matsumoto, Toshihiko Sensui, Satoshi Mochizuki.)

31st ICP (2016年7月)

横浜で行われます The 31st International Congress of Psychology  にて以下の研究発表を行います。

 

Relationships between depression, reactive control and inhibition toward negative stimuli.

(Akihiro Masuyama, Satoshi Mochizuki.)

 

Positive and negative interpretation of ambiguous events and rumination.

(Haruki Nishimura, Kanae Someya, Goushi Takizawa, Satoshi Mochizuki.)

 

Does overgeneral retrieval attenuate the function of autobiographical memory?

(Noboru Matsumoto, Chihiro Norichika, Satoshi Mochizuki.)

ICOM 6 (2016年7月)

ブダペスト(ハンガリー)で行われます The 6th International Conference on Memory  にて以下の研究発表を行います。

Does overgeneral retrieval style facilitate or inhibit intrusive memory? Its relation to depressive symptoms.

(Noboru Matsumoto, Toshihiko Sensui, Satoshi Mochizuki.)