カテゴリー別アーカイブ: 研究

EABCT 2017(2017年9月)

リュブリャナ(スロベニア)で行われます The 47th European Association of Behavioral and Cognitive Therapies Congress にて以下の研究発表を行います。

Self-referential and overgeneral thoughts during autobiographical memory retrieval.

(Noboru Matsumoto, Satoshi Mochizuki.)

日本心理学会第81回大会(2017年9月)

久留米シティプラザで開催されます 日本心理学会第81回大会 で,以下の研究発表を行います。

完全主義が自己受容に及ぼす影響.
(能渡 綾菜・清水 健司・望月 聡.)

持続的注意課題の認知的負荷および課題への慣れが課題中の反すう思考に与える影響.
(大井 瞳・望月 聡.)

反すうは効果的なワーキングメモリによって維持される
―ワーキングメモリ容量と排除速度の個人差―.
(西村 春輝・望月 聡.)

「しないことリスト」は先延ばしの堰となるか?
(黒田 卓哉・望月 聡.)

 

また,市川玲子さんの小講演,
『パーソナリティ障害傾向における自己・他者・関係性に対する認知の特徴
―個人の認知過程と対人間の認知過程の検討―』
の司会をいたします。

パーソナリティ心理学会第26回大会(2017年9月)

東北文教大学で開催されます 日本パーソナリティ心理学会第26回大会 で,以下の研究発表を行います。

種類の異なる共感性が抑うつに及ぼす影響
―他者意識・自己没入・自己関連づけ・対人感受性を媒介して―.
(榊 絵里加・望月 聡.)

対人不安の高い人の自己呈示行動および自己認知の不一致の影響
―親しい友人と親しくなりたい友人に着目して―.
(櫛引 夏歩・松田 侑子・望月 聡.)

ISRE2017 (2017年7月)

セントルイス(アメリカ)で行われます International Society for Research on Emotion にて以下の研究発表を行います。

 

The relation between two faces of envy, other feelings, thoughts, and coping.

(Moemi Asakawa, Satoshi Mochizuki.)

 

Low cognitive load causes ruminative thought: Experimental study of thought sampling method.

(Hitomi O’I, Satoshi Mochizuki.)

 

High ruminators have better goal-maintenance ability: A modified Stroop study.

(Haruki Nishimura, Satoshi Mochizuki.)

 

Do conflict and switching effect toward negative stimulus relate to depressive symptoms?
(Akihiro Masuyama, Satoshi Mochizuki.)

ICCP 2017 (2017年6月-7月)

クルジュ=ナポカ(ルーマニア)で行われます The 9th International Congress of Cognitive Psychotherapy にて以下の研究発表を行います。

Overgeneral autobiographical memory in people with past depression:
Effects of cue self-relevance and cue valence.

(Noboru Matsumoto, Satoshi Mochizuki.)

感情心理学会第25回大会(2017年6月)

同志社大学で開催されます日本感情心理学会第25回大会で,以下の研究発表を行います。

ポジティブな自己一致具体的記憶の想起は気分改善に有効か?
―抑うつ症状による調整効果―.
(松本 昇・望月 聡.)

対処行動による良性・悪性妬みの変化.
(浅川 萌生・望月 聡.)

高反すう者における効果的なストループ干渉制御.
(西村 春輝・望月 聡.)

反すうの思考内容と気分状態の分類.
(大井 瞳・望月 聡.)

発達心理学会第28回大会(2017年3月)

広島国際会議場ほかで開催されます発達心理学会第28回大会で,以下の研究発表を行います。

情動性による感情制御方略の効果のちがい
―共感的感情反応に着目して―.
(則近千尋,望月聡#.)

則近さんは2015年度の卒研生で,この発表は卒業研究で行われた研究です
(現在は 東京大学大学院教育学研究科 に在籍されてます)。