ゼミ/研究室メンバー

2018(平成30)年4月

[ 教授 ]望月 聡    → 経歴等

〔法政大学の ゼミ メンバー〕

現代福祉学部 臨床心理学科

[2年](専門演習ⅠA・ⅠB)

恩田 南・加藤 篤・菊地 皐次郎・楠本 理枝子・井上 遥渚・
三浦真由佳・山崎 敦・野田 勘介・櫛田 英憲・滝島 広大・
戸村 莉沙・川崎 夏澄・森 華月・今津 華音
(ゼミ長:櫛田,副ゼミ長:恩田)

〔筑波大学の 研究室 メンバー〕

人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻 臨床心理学分野
<3年制博士課程>

[D3+] 宮前 光宏 :(休学)社交不安と注意バイアスの関連
(国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 疾病研究第七部 流動研究員・認知行動療法センター 併任研究員)

[D3+] 増山 晃大 : Cognitive control and depressive symptoms: Psychological investigations.
(認知制御と抑うつ症状に関する心理学的検討)
(いわき明星大学 心理相談センター 特任准教授)

[D2] 大井 瞳 : 反すう思考を持続させる状態・状況の検討

人間総合科学研究科 心理専攻 心理臨床コース 臨床心理学分野
<博士前期課程>

[M2] 櫛引 夏歩 : パーソナリティ障害傾向における自己呈示の特徴 ―個人内過程・社会的状況に着目して―

[M2] 榊 絵里加 : 共感性,自己観,パーソナリティ特性が表情の認知や印象評価に及ぼす影響

[M2] 能渡 綾菜 : 自己不一致と適応の関連 ―自己指針の特徴と他者からの評価・受容に着目して―

[M2] 福井 晴那 : インタラクティブ・イメージにおけるタイプと生理反応・感情喚起の違い ―臨床効果の解明に向けた基礎研究―

人間学群 心理学類

[学類4年] (卒業研究/平成30年度卒業研究)

坂下 夏生:持続性注意能力の程度が反すうに及ぼす影響

WONG MAAN LING:学校ストレスが解離傾向に及ぼす影響 ―パーソナリティ特性およびコーピング方略を踏まえて―

 ・

Alumni & Alumnae

こちら


(旧)論文指導・研究指導について

こちら