修論・博論

過去に指導した論文の一覧です。
名目上「指導」ですが,共同研究者であるつもりです。
(→は修了直後の進路です)
( * 2018年度より望月が法政大学に移ったため,’実質的’ 指導です)


博士論文


▼筑波大学 大学院人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻

社交不安と視覚的注意処理の関連:
注意課題を用いた基礎的および応用的検討 *
2020(R02) 宮前 光宏(みやまえ みつひろ)
→ 国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 疾病研究第七部 リサーチフェロー

反すう思考の持続要因に関する実験心理学的研究 *
2019(R01) 大井 瞳(おおい ひとみ)
→ 国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター リサーチフェロー

Cognitive control and depressive symptoms: Psychological investigations.
(認知制御と抑うつ症状に関する心理学的検討)*
2018(H30) 増山 晃大(ますやま あきひろ)
→ いわき明星大学 心理相談センター 特任准教授

反すうの制御過程における実行機能
2017(H29) 西村 春輝(にしむら はるき)
→ 国立研究開発法人 量子科学技術研究機構 放射線医学総合研究所 博士研究員

抑うつの脆弱性としての自伝的記憶の具体性の減少
2016(H28) 松本 昇(まつもと のぼる)
→ 日本学術振興会特別研究員PD

社交不安の自己認識に関する心理学的研究
2014(H26) 泉水 紀彦(せんすい としひこ)
→ 東京成徳大学 応用心理学部 臨床心理学科 助教

抑うつ傾向と情報処理過程におけるバイアスの関連
2012(H24) 伊里 綾子(いさと あやこ)
→ 立正大学 心理学部 臨床心理学科 特任講師

日常生活における演技
― その実態と臨床的有用性に関する探索的研究 ―
2011(H23) 定廣 英典(さだひろ ひでのり)
→ 企業


修士論文


▼法政大学 大学院人間社会研究科 臨床心理学専攻

家族構造と家族および友人からの共感が情動知能に与える影響の検討
2020 山本 千尋(やまもと ちひろ)
→ 就職(クリニック)

▼筑波大学 大学院人間総合科学研究科 心理専攻

パーソナリティ障害傾向における自己呈示の特徴
― 個人内過程・社会的状況に着目して ― *
2018(H30) 櫛引 夏歩(くしびき なつほ)
→ 進学(筑波大学大学院 人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻)

共感性,自己観,パーソナリティ特性が表情の認知や印象評価に及ぼす影響 *
2018(H30) 榊 絵里加(さかき えりか)
→ 進学(筑波大学大学院 人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻)

自己不一致と適応の関連
― 自己指針の特徴と他者からの評価・受容に着目して ― *
2018(H30) 能渡 綾菜(のと あやな)
→ 進学(筑波大学大学院 人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻)
※ 平成30年度人間総合科学研究科長賞受賞

インタラクティブ・イメージにおけるタイプと生理反応・感情喚起の違い
― 臨床効果の解明に向けた基礎研究 ― *
2018(H30) 福井 晴那(ふくい はるな)
→ 進学(筑波大学大学院 人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻)

良性/悪性妬みプロセス
2016(H28) 浅川 萌生(あさかわ もえみ)
→ 就職(スクールカウンセラー/教育センター/保健所)

反すう思考の生起に影響を及ぼす状況要因の検討
2016(H28) 大井 瞳(おおい ひとみ)
→ 進学(筑波大学大学院 人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻)

潜在的自尊感情と自己批判傾向が抑うつに及ぼす影響
― 顕在的自尊感情と潜在的自尊感情との差異に着目して ―
2016(H28) 赤瀬 直子(あかせ なおこ)
→ 就職(クリニック)

心理的距離からみた対人関係スタイルの検討
― パーソナリティ障害傾向に着目して ―
2014(H26) 長澤 美幸(ながさわ みゆき)
→ 就職(リハビリテーションセンター)

高反すう者におけるワーキングメモリ更新過程
2013(H25) 西村 春輝(にしむら はるき)
→ 進学(筑波大学大学院 人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻)
※ 平成25年度心理専攻長賞受賞

抑うつと自伝的記憶の概括化
― アナログ研究によるメカニズムの検討 ―
2013(H25) 松本 昇(まつもと のぼる)
→ 進学(筑波大学大学院 人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻)
※ 平成25年度人間総合科学研究科長賞受賞

パーソナリティ障害傾向と自己認知・対人認知の諸様態の特徴との関連
2012(H24) 市川 玲子(いちかわ れいこ)
→ 進学(筑波大学大学院 人間総合科学研究科 心理学専攻)

社交不安傾向と表情刺激に対する注意の解放困難
2011(H23) 宮前 光宏(みやまえ みつひろ)
→ 進学(筑波大学大学院 人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻)

大学生のメンタルヘルス・リテラシーに関する研究
― 抑うつ傾向およびメディア利用との関連 ―
2010(H22) 梅田 知子(うめだ ともこ)
→ 就職(地方公務員)

“しなければならない行動”が阻害されるとき
~ 状況,競合する選択肢 ~
2010(H22) 黒田 卓哉(くろだ たくや)
→ 進学(筑波大学大学院 人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻)

対処的悲観性のメカニズムの検討
― 熟慮の機能に着目して ―
2010(H22) 山岸 あやの(やまぎし あやの)
→ 進学(筑波大学大学院 人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻)

抑うつ・不安傾向と感情喚起語からの注意解放
― 修正版gap-overlap課題を用いて ―
2009(H21) 伊里 綾子(いさと あやこ)
→ 進学(筑波大学大学院 人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻)

▼筑波大学 大学院人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻(5年一貫制・中間論文)

社会不安における心的イメージの諸側面とその影響の検討
― イメージの視点と身体感覚に注目して ―
2008(H20) 泉水 紀彦(せんすい としひこ)

大学生における劣等感と精神的健康の関連
2007(H19) 広田 千織(ひろた ちおり)

賞賛獲得欲求、拒否回避欲求が日常生活での演技に及ぼす影響
2006(H18) 定廣 英典(さだひろ ひでのり)

▼筑波大学 大学院教育研究科 教科教育専攻 学校教育コース

中学生におけるフラストレーション
― 目標のあり方とその達成過程に関する分析から ―
2005(H17) 王 喆(おう てつ)
→ 就職(企業)

「よい子」問題への実証的アプローチ
― 被期待の発達的検討と精神的健康との関連 ―
2003(H15) 大江 陽子(おおえ ようこ)
→ 就職(地方公務員)

青年の自尊感情と「キレる」に関する研究
― 自己像のズレの観点から ―
2003(H15) 森 啓子(もり けいこ)
→ 就職(地方公務員)