日本心理学会第82回大会(2018年9月)

仙台国際センターで開催されます 日本心理学会第82回大会 で,以下の研究発表を行います。

実験場面において反すうを誘導しやすい状況の検討.
(大井 瞳・小松 史奈・冨田 彩乃・望月 聡.)

他者からの評価・受容が現実自己と理想の重要性に及ぼす影響
―自己愛的脆弱性に着目して―.
(能渡 綾菜・清水 健司・望月 聡.)

パーソナリティ心理学会第27回大会(2018年8月)

立命館大学大阪いばらきキャンパスで開催されます 日本パーソナリティ心理学会第27回大会 で,以下の研究発表を行います。

パーソナリティ障害傾向と自伝的記憶の再構成的想起との関連
―自己愛性・演技性パーソナリティ障害傾向に注目した検討―.
(久下 敦子・望月 聡.)

千葉大学文学部「臨床心理学」2018(集中講義)

2018年8月7日(火)・8日(水)・9日(木)の3日間,
千葉大学文学部で「臨床心理学」の集中講義を行います。

紙の配布資料も用意されていますが,省略しているところもあり,また文字も小さめなので,
この下に(※要パスワード)にファイルを置きます。
パスワードは授業の際にお知らせします。

 

また,学術雑誌に掲載された研究論文を紹介していきますが,
その文献に関する情報は こちら に載せています。


※以下8月9日追記:

8月9日1限・2限は台風のため臨時休講となりましたので,
補講を 10月20日(土)1限・2限 に行うことになりました。

また,8月9日には,以下のようにレポート課題を提示しました。(※要パスワード;配布資料と同一です)